忍者ブログ

DTXManiaXG(ver.K)開発日誌

「-真のX-Gradeを見るまで俺は止まらない-」 DTXManiaXG(verK)の開発ブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DTX Single Bell

Sena氏のミニパッケージイベント「DTX Single Bell」が公開されました。
>>DTX Single Bell

Sena氏お疲れ様です。


なんかロシア語らしき文字列がありますね。なんか曲名テクスチャ作りにくそうですね。
ということで明日あたりに作るかもしれません。


新音源バージョンのMr.Genesisをドラムでやりたかった・・・・
PR

DTX忘年会

Tiyes Sink氏のミニパッケージイベント「DTX忘年会」が公開されました。これにあわせてカスタム曲名・アーティストテクスチャを作成したので配布します。

DL
特にだるまさんは俺を殺しにきてると思った。

SkinConfig.ini説明書

SkinConfig.ini簡易仕様説明書

○概要

○使い方
1.スキンの「Graphics」「Sounds」と同じフォルダにSkinConfig.iniという名前のテキストファイルを入れる
2.それに構文書く
3.起動する
4.うまいこと動いてるんじゃないかな
○構文
・DisplayFontName
・SelectListFontName
・SelectListFontSize
未実装

・NamePlateType
通常のNamePlateTypeと同じです。
これをスキン毎に自動設定することができます。
<param>
0:XG2風の表示になります。
1:XG風の表示になります。ウィンドウモードのムービーより、コンボが上に表示されます。

・DrumSetMoves
通常のDrumSetMovesと同じです。
<param>
0:表示&動かす
1:表示のみ
2:表示しない

・BPMBar
通常のBPMBarと同じです。
BPMバーの表示を設定できます。
<param>
0:表示する
1:左側のみ表示する
2:動くバーを表示しない
3:上に加えて枠も表示しない

・LivePoint
通常のLivePointと同じです。
<param>
0:表示しない
1:表示する

・Speaker
通常のSpeakerと同じです。
<param>
0:表示しない
1:表示する

・JudgeAnimeType
通常のJudgeAnimeTypeと同じです。
<param>
0:旧DTXMania形式
1:コマアニメ方式
JudgeFrames、JudgeInterval、JudgeWidgh、JudgeHeightを使います。
2:擬似XG方式
固定サイズの画像を本体内部で動かす方式です。
JudgeIntervalのみ使います。

・JudgeFrames
通常のJudgeFramesと同じです。
判定画像のコマ数を指定します。

・JudgeInterval
通常のJudgeIntervalと同じです。
判定画像の1コマのフレーム数を指定します。

・JudgeWidgh
通常のJudgeWidghと同じです。
コマ式判定画像の縦幅を指定します。

・JudgeHeight
通常のJudgeHeightと同じです。
コマ式判定画像の横幅を指定します。

以下説明文執筆中

お知らせ

スパムコメントが酷いため、英語のみのコメントを禁止とさせていただきました。
英語のみのコメントすると通らないので、英語のみのコメントをする場合はプロジェクトページの「フォーラム」または「チケット」にて投稿してください。

よろしくおねがいします。

SkinConfig.ini

数日前に実装しておきました。
精神的な余裕が無いので文書ける状況じゃないっす。明日書きます。
実際のファイルを見て察してください。

これでスキンごとに設定が違ってもConfig.iniを弄らず済みますね!!やったー!!

プロフィール

HN:
kairera0467
年齢:
22
性別:
男性
誕生日:
1997/08/11
自己紹介:
DTXManiaの新人開発スタッフ。
Maill:gennsou76573●gmail.com
(●を@に変えてくださいね。)

最新リリース

Twitter

ブログ内検索