忍者ブログ

DTXManiaXG(ver.K)開発日誌

「-真のX-Gradeを見るまで俺は止まらない-」 DTXManiaXG(verK)の開発ブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ver2.10

ここでいったん区切りたいと思います。
時間が無かったため、W/A対応版のみリリースです。
(1/7):通常版もリリースしました。

<機能追加>
・LivePointの簡易実装。(NamePlateTypeA、C限定。)
・演奏中にRISKYの回数が表示されるようにした。(NamePlateTypeA~Cのみ)
<仕様変更>
・コンボ文字の処理をちょこっと変更。
・レーンのLC、RD、CY以外のすべてのレーンの動き方を変更。
 (これでレーンごとに画像を用意する必要がなくなった。)
・StageEffectを少しだけ軽量化したつもり。
・粉の量を少し減らした。
<不具合修正>
・AVIが無い曲で黒いテクスチャが描画されないようにした。
・AddAutoGaugeの有無でスコアがおかしくなるのを多分修正。

LivePointは簡易実装です。細かいバグの追い込みは復帰後になります。
現時点で
・300以上はいる場合がある
・たまに動作しない
などのバグが確認されています。
それからアニメーションは実装していません。(多分できない)

レーンの動き方変更はこれから細かい追い込みをしていきます。(タム部分の動き方等)
RISKY表示は配信等する方向けです。これで少しでも救われる人がいればいいな。
コンボ文字の処理はBPM微動にむけての準備です。(そういえばXG初代の第5版までは動かなかったんだよね?)
黒テクスチャを貼っている処理を無理やり消しただけなので、BGAが透過される仕様はそのままです。
これは次回のアップデートで修正します。

(1/7)ver2.10a
通常版
W/A版

(1/8)重ね重ねすみませんが、LaneTypeA時の致命的なバグ、
また、W/A版のDLLアップデート等で修正がありました。
アップデートファイル
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

無題

(環境:TASCAM US-144mkII ASIO再生)
ver2.10でモノラルデータの音声を鳴らすと落ちます

プロフィール

HN:
kairera0467
年齢:
22
性別:
男性
誕生日:
1997/08/11
自己紹介:
DTXManiaの新人開発スタッフ。
Maill:gennsou76573●gmail.com
(●を@に変えてくださいね。)

最新リリース

Twitter

ブログ内検索