忍者ブログ

DTXManiaXG(ver.K)開発日誌

「-真のX-Gradeを見るまで俺は止まらない-」 DTXManiaXG(verK)の開発ブログです。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

判定位置

<参考画像>
・VISTA氏の動画を使いました。
・判定文字の部分のみ切り抜いて半透明にして重ねています。


○具体案
・DTXManiaでは判定文字の位置を弄るには方法がいくつかあります。
・記事の続きにその方法を記しました。
・弄る箇所は「CAct演奏Drums判定文字列.cs」です。
・まず一つ目に「stレーンサイズ」の値を弄る方法です。


int[,] sizeXW = new int[,] { { 290, 80 }, { 367, 46 }, { 470, 54 }, { 582, 60 }, { 528, 46 }, { 645, 46 }, { 694, 46 }, { 748, 64 }, { 419, 46 }, { 815, 80 }, { 815, 80 }, { 815, 80 }, };
int[,] sizeXW_B = new int[,] { { 290, 80 }, { 367, 46 }, { 419, 54 }, { 534, 60 }, { 590, 46 }, { 645, 46 }, { 694, 46 }, { 748, 64 }, { 478, 46 }, { 815, 64 }, { 815, 80 }, { 507, 80 }, };
int[,] sizeXW_C = new int[,] { { 290, 80 }, { 367, 46 }, { 470, 54 }, { 534, 60 }, { 590, 46 }, { 645, 46 }, { 694, 46 }, { 748, 64 }, { 419, 46 }, { 815, 64 }, { 815, 80 }, { 507, 80 }, };
int[,] sizeXW_D = new int[,] { { 290, 80 }, { 367, 46 }, { 470, 54 }, { 534, 60 }, { 590, 46 }, { 645, 46 }, { 694, 46 }, { 748, 64 }, { 419, 46 }, { 815, 64 }, { 815, 80 }, { 507, 80 }, };



・これはおおまかに座標を変更することができます。これを使う場合はt2D描画のX座標を変更する必要があります。
・メリットはレーンタイプ変更をできることです。
 ・ただしこれには欠点があり、再起動しないと反映されません。

・二つ目に「n文字の縦表示位置」を弄る方法です。


private readonly int[] n文字の縦表示位置 = new int[] { -1, 0, 1, 1, 0, 0, 1, -1, 2, 0, 2, -1, -1, 0, 0 };


・これは座標の倍率を弄るみたいです。(実はよくわからない)
・ちょっとした座標の調整(わかりやすく言えば改行)をするぐらいならこちらを弄る。
・次数は「stレーンサイズ」に依存します。


・予断ですが判定画像のアニメーションも「CAct演奏Drums判定文字列.cs」に入っています。
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

プロフィール

HN:
kairera0467
年齢:
22
性別:
男性
誕生日:
1997/08/11
自己紹介:
DTXManiaの新人開発スタッフ。
Maill:gennsou76573●gmail.com
(●を@に変えてくださいね。)

最新リリース

Twitter

ブログ内検索